アロマセラピーとは

植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)による

芳香療法のことをいいます♪

レモンの香りを嗅いで爽やかな気分になったり

ペパーミントの香りを嗅いで頭がスッキリしたり

ラベンダーの香りを嗅いで気分を落ちつけたり…と

香りは心や体に作用します。

また、アロマセラピーを上手に日常生活に取り入れることで、

心や体を健康的に保つのに役立てることが出来きます!

 

 

※取り扱う上での注意事項

精油を取り扱う前に次のことに注意してください

 

保管場所と使用期限

蓋を開けたら柑橘系の精油は半年以内、その他の精油は1年以内で使い切りましょう。

精油は日光が苦手です。保管の際は、専用の箱や冷暗所に保管するようにします。

                                          

安全な精油

いろんなメーカーの精油が売られていますが、純度100%の精油を使います。

品質に注意して 純粋で安全な精油を選びましょう。

 

精油の原液は直接肌につけない

精油は必ず1~3%に薄めて使います。

原液のまま使用しないよう気をつけて下さい。

 

飲用しない

お子さんの手の届かない場所に保管し、絶対に飲まないで下さい。

 

光毒性に注意

柑橘系の精油の中には、肌についた状態で紫外線に当たると皮膚にシミとして残ってしまう恐れがある光毒性の精油があります。外出の際は使用を避けて下さい。

 

妊娠時は特に注意

妊娠時には精油によってホルモンバランスを崩すことがあり、使用を避けたほうがよいものがありますので、専門家に相談するなど十分に注意をして精油を選んで下さい。

持病のある方も同様にご注意下さい。

 

  • 精油にはたくさんの作用がありますが、決して薬ではありません。
  • 体調が優れない時は、早急に医師の診断を受けましょう。

 

個々で行うアロマセラピーは香りを楽しむことを目的としています。

当サイトで精油を使用して生じた損傷や負傷、その他についての責任は一切負いません。